芝田二丁目

芝田二丁目は、昭和53年(1978)の現行住居表示の実施によって改称したまちで、東は芝田一丁目、西は大深町、南は梅田三丁目、北は中津に囲まれた地域です。明治30年(1897)4月1日、北区に編入された西成郡北野村字小フケが、明治33年(1900)4月1日に北野小深町と改正され、さらに大正13年(1924)6月1日の町名改正で北野の冠称を廃して小深町となりました。その後、芝田二丁目となって、現在に至っています。小深町の名の由来は、「深田」(泥土の深い田)を略した「小フケ」からといわれ、ちなみに大深町の町名も同様です。

 

 かつて周辺は文教地区として知られ、明治35年(1902)には大阪府第一番中学校が堂島から移転し、大阪府立北野中学校と改称され、昭和6年(1931)4月に現在地(東淀川区十三)に新築移転するまで芝田二丁目にありました。

 

 昭和23年 (1948) 4月に大阪府立北野高等学校と改称していますが、画家の佐伯祐三氏や元大阪府知事の黒田了一氏、俳優の森繁久弥氏、漫画家の手塚治虫氏などの多くの著名人を輩出した名門校として知られています。

 

 こうした変遷のある芝田二丁目は、現在も文化・福祉施設が各所に点在し、JR西日本本社ビルなどの主要オフィスビルや場外馬券場のウィンズ梅田など、幅広い業種が集積する地域となっています。


6月11日 街の掃除をしました。