芝田一丁目

芝田一丁目は、東は茶屋町、西は芝田二丁目、南は角田町、北は豊崎に囲まれた地域で、その多くが阪急梅田駅構内によって占められています。元は西成郡北野村と呼ばれ、明治30年(1897)4月1日に北区に編入され、明治33年(1900)4月に北野芝田町と改正されています。さらに、大正13年(1924)6月1日の町名改正で、北野の冠称を廃して芝田町、小深町となりました。

 

そして、現行住居表示の実施によって、昭和53年(1978)に芝田町を芝田一丁目に改称しています。

 

昭和48年(1973)11月23日、阪急梅田駅が角田町から移設されたことで、まちは大きく変わりました。それまでの住宅や商店の多くが移転し、阪急村と呼ばれる新しいまちとして再出発することになりました。現在は、さまざまな店舗や飲食店が点在する賑わいのあるまちとなり、再開発も控えて活気づいています。


7月9日(月)芝田商店街で街の掃除をしました。

毎月一回の地域清掃の日で

芝田1丁目も参加


6月11日(月)芝田商店街で街の掃除をしました。

毎月一回の地域清掃の日で

やはりタバコの吸殻と空き缶が多かったです。